09/08/24の2

モリアオガエルようやく変態開始(2)


お〜い、早く登ってこいよ


ダメだぁ、一休みさせてくれぃ

去年の日記を見ると、8月18日にはモリアオの上陸ラッシュだった(⇒ここ)
今年は明らかに遅い。オタマの成長は、日数や餌の条件ではなく、水温がいちばん関係しているように思える。
日照時間が短く、水温が上がらないと、いつまで経っても大きくならない。

こちらはアマガエルの子。目の後ろの黒い筋が見分けるポイントだが、パッと見ただけでも明らかに違う


これはシュレかモリアオか分からないけれど、アマガエルではない


皮膚の粒状感みたいなものも違うね


並ぶと歴然なのだが……


その頃、助手さんはハンノキの幼木にいるモモブトハバチの幼虫に夢中になっていた。
きゃ〜可愛いという声が聞こえてくる。可愛いかぁ……あれ?
ミツクリハバチは蝋のドレスでエレガントだけれど、ハダカの芋虫は苦手だわ。

顔は可愛いんだけどね


やっぱりこっちのほうが可愛い


モリアオの姿をじっくり見られるのは、変態直後のこのときだけ


変態後の日数からいえば、左のアマガエルのほうが大先輩のはずだが、すでにこれだけ大きさが違う


棘をもろともせず登っていく

これから月末にかけて、毎日がチビカエルの上陸ラッシュとなるだろう。一年でいちばん楽しい季節。

『テレビが言えない地デジの正体』(ベスト新書) なぜ地デジにしないといけないの? もやもやの正体はこれだった!

テレビが言えない地デジの正体』(ベスト新書 9月10日発売!)

ハイクオリティメディアのBSを通販番組のゴミ捨て場にしたのは誰か? 欧米は「地デジ化」したのではなく、「デジタル放送化」したのである。地デジ化で困る人たちはこんなにいる。地デジテレビでアナログ画質を見続けなければならない人たちとは……?
伝えられていない驚くべき真実がいっぱい。テレビに騙されることなく「仕組み」を知って、賢く対処するための本。
すでに買い換えた人も、これからの人も必読。 地デジの嘘、錯覚、思いこみから、現実的な現代テレビ購入術まで、巷で言われている曖昧な情報を一掃し、クリアな見通しを提示。
★立ち読み版はこちら

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う    bk1で買うbk1で買う    
「ある力」が働き、初版部数が極端に抑えられてしまいました。このままですと葬り去られる可能性があります。ぜひ予約をお願いいたします!!


一つ前の日記へ一つ前へ    目次へ     次の日記へ次へ

★タヌパック音楽館は、こちら   ★阿武隈情報リンクは、こちら

日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力 ギターデュオ KAMUNA